デザインの意外な楽しみ。

これ僕らのデザインでも

料理でもそうだと思うんです。

デザインでも

料理でも

作る事に必死になりすぎて

お客さんを楽します事。

の意外性を忘れがちになりやすいんです。

デザインを作る事が

料理を作る事が

言われた事をするだけが

全てではありません。

ましてや

スタッフにそう言う心のゆとりを持たせない

オーナーの下ではデザイナーや料理人は育たない。

会社でもそうだと思います。

サービス業

お客さんを意外性を持って楽します事が

僕は凄く大事と思います。

カチカチの硬い頭では

言われた事しか出来ないんです。

1+1=2なんてあたりまえ。

カタログの範疇から抜け出す良いものを作るには

楽しますには

柔軟性と臨機応変なマインド。

心のゆとりがないとダメ。

良い店はそのゆとりがある。

何かに追われてるようなお店では

ダメなんだと思います。

僕はどんなヘアデザインもどこかで

可愛ければオッケー!

と思ってます。笑笑

自分の計算を超えてたまに

可愛くなる事も。笑笑

良い意味でお客さんを裏切れるように

頑張りたい!

そして

真面目すぎはダメ!笑笑

息抜き

肩の力を抜く

柔らかく

思考は柔軟に臨機応変に

なんしか思考は柔らかく!

僕のポリシーでした。笑笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください